スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭い場所も見れるBOSCH INS1を買いました。

BOSCH INS1型の箱
みなさんこんにちは。
masoumasouです。
みなさんは、「見たいのに、頭が入らなくて見えない!」なんて事はありませんか?
私は仕事でそんな事が多いので、ずっと気になっていたBOSCHの検査用カメラINS1型を購入しました。
今回はそのご紹介です。
BOSCH INS1型 の内容写真
箱を開けるとこんな感じ。
直ぐに使えるように電池が付属されていました。
BOSCH INS1型概観 
ケースから取り出すとこんな感じです。
ボディの周りをレンズとコードが巻きつけられるようになっているため、
片付ける際には簡単でいいと思います。
コードが別のタイプよりも場所をとる事もありません。
BOSCH INS1型 カメラ部 
レンズ部は小さく、直径は8mmです。
狭い場所でもラクラク入れる事が出来ます。
カメラケーブルの最小曲げ範囲は30mmです。
小回りが利くため、扱いがしやすいです。
BOSCH INS1型電池部 
使用するバッテリーは単三電池を4本です。
LEDライト照度50%の時に連続動作時間は4時間です。
私は長時間使用する事はありませんが、十分なバッテリーの持ちだと思います。
BOSCH INS1型カメラ部 
カメラ部はこんな感じです。
レンズの周りにLEDライトが埋め込まれています。
BOSCH INS1型カメラLED点灯時 
LEDライトは照度を三段階で選択する事が出来ます。
0%,50%100%です。
100%は本当に明るいため、基本的には50%で使用します。
BOSCH INS1型付属品
付属品にはカメラの先端に取り付ける部品が付いてきます。
見れる角度を変えるミラー、落ちた物などを拾うフック、金属を付ける磁石です。
大きな物は拾う事は出来ませんが、狭い場所などに落ちた物を拾う事が出来るため、重宝します。
BOSCH INS1型 磁石使用
磁石はこんな感じに付きます。
カメラで映像を確認しながら操作出来ますので、大変便利です。

実際の使い勝手仕事で試してみます。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。